偏差値が落ちたときの親の対応

中学受験においての偏差値は、ひとつの目安として扱う事には構いませんが、あまり意識をしすぎてはいけないものでもあります。
もちろん模試での偏差値が高い事に越した事はありませんが、大学受験や高校受験に比べれば、偏差値がそのまま結果につながる事は少なくなる傾向にあります。
中学受験をするのは、小学校6年生ということもあり、試験本番の時に実際に100%の力を出せる受験生は決して多くはありませんし、目標の中学校にもよりますが、模試の結果を重視する事よりも学校の過去問題と似た傾向の問題がしっかりできているかを確認する必要があります。
中学受験の特徴でもありますが、実際の入試問題は中学校の教育方針や考え方がわかる出題傾向がみられます。学校説明会で説明される事を良く理解した上で、過去問題の傾向と対策をしっかりと行う事が重要になります。
もちろん、模試の偏差値が思ったほどの数値でない時には、その原因やできなかった問題が希望する中学校のレベルと比べて必要なレベルなのか、現時点ではまだ取り組まなくても良い問題なのかを確認する事も大切になります。
模試の問題の正答率などを確認しながら、正答率が高い問題になればなるほど比較的基本的な問題が多くなるので、そのような問題をとりこぼさないような復習と反復学習が必要になります。
PAGETOP