中学受験の偏差値とは

中学受験だけでなく、高校受験や大学受験でも志望校の合格の目安として模試などで利用されている偏差値ですが、中学受験での偏差値は高校受験や大学受験の偏差値とは違う見方をする必要があります。
中学受験の模試で偏差値45程度のお子さんに対して、平均以下という言い方をしている保護者を見かける事がありますが、根本的な考え方の違いがあります。
確かに偏差値45は平均値である50に比べると劣っているので平均以下という見方は間違ってはいませんが、多くの間違った見方をしている保護者は小学6年生の平均と中学受験を目指している模試での偏差値50の違いを混同させてしまっているような感じに受け取れてしまいます。
おそらく受験用の模試で45という数字が出せているのであれば、小学校のテストはかなり高得点を取っているはずです。受験用の模試では、あくまでも中学受験を視野に入れている受験生が中心になっている母体数なので、当然水準も上がってきます。
同じ平均値でも、小学校のクラスでの平均と受験生の平均では、かなりの差があるといえるので、多くの生徒が受験をする高校受験などの母体数とは違うのが特徴になります。
従って、志望校の偏差値が50以下の場合でも、中学校全体の平均以下という見方をしてしまうと間違った見方をしてしまいますので、注意が必要になります。
PAGETOP