算数の中学入試問題の特徴

中学受験を控えているお子様のいる保護者の方から、算数の問題への取り組み方が難しく、あまり算数が得意ではないと相談されることが多くあります。
中学受験での算数は、小学校の勉強だけでは解くことができないものが多くあります。今まで聞いたこともないような方法で解いていかなくてはならないので、戸惑うお子様もいるのではないかと考えられます。
中学受験の塾では、そういった小学校の勉強だけでは解けないものも解けるように指導を行っています。
とはいっても、難しい問題を多く解ければいいというものではありません。問題を解く方法がわかったとしても、その解く方法の根本的な定理がしっかりと理解されていなければ確実な力とはなりません。
中学受験の塾では、専門の知識を持つ講師がじっくりと問題を解くために必要な定理を、丁寧に指導し、確実に問題を理解した上で解いていくことができるよう導いています。
定理が正しく理解できれば、問題を解く力も必然的に身についていきます。
まずは、多くの問題を解くという勉強方法ではなく、定理や知識を身に付けることを重点的に指導し、その上で少しづつに挑戦していくことが正しい算数の勉強方法であると考えられます。
PAGETOP