苦手意識をなくす

中学受験をしたい場合、基本的には国語、算数、理科、社会と万遍なく学習し、そして試験で良い点数を取ることが求められます。
その中でも特に思考力が求められる教科のひとつが算数です。算数の問題は数値がひとつ変わるだけで答えがまったく変わるため、「暗記」することができません。もちろん、算数の問題を解くための公式などを暗記する必要はありますが、算数の問題を実際に解くとなればやはり計算力が求められます。
そのため、苦手意識を持っている方も多くみられます。
算数の問題を克服するコツ、それは何度も何度も繰り返し演習問題を解くことにあります。数値が毎回違うのだから意味の無い行為ではないかと疑問を持つ方もいるかもしれません。しかし、演習を繰り返すことこそが最大の近道なのです。
四則演算をはじめとした基礎的な計算能力をつけることはまず必要です。そのうえで、さまざまな演習問題に取り組むことで、ある程度の法則、パターンが見えてきます。それは、単なる計算であっても図形であっても文章問題であっても一緒です。
「こうやって解けばいいんだ。」というやり方さえつかんでしまえば、多少数値が変わっても応用の難しいものが出題されても慌てる必要がありません。
PAGETOP