ケアレスミスをなくす

中学受験における算数の問題でケアレスミスを防ぐには、まず文章をよく読むというのが鉄則です。問題を読み、そこから公式を考えて数字を当てはめ、足したり引いたりして答えを導きますがどのような公式を使うかの判断を誤ると答えにはたどり着けません。
次に、本来ならば掛け算するところを逆に割ってしまうなど、反対のことをするケースもあります。ほとんどの場合、逆のことをすると答えの数字がおかしくなるので誤りだと気づくのですが時間を無駄にしてしまいます。算数の問題は卑屈な言い方をすればわざと間違えやすいように作られているので、計算に入る時は必ず一度ストップして確認したいです。
そして、公式など全てが決定したら後は計算して答えを導くだけですが、一番悔しいのはこの最後の部分でケアレスミスすることです。
最後の単純な掛け算を誤って落としてしまうと、それまでの時間が全て無駄になってしまいます。
単純な計算間違いを防ぐには、計算の練習をひたすらこなせば良いという安易な考えではなく一つ一つを落ち着いて解答するという姿勢が必要です。
ケアレスミスの正体は焦りなので、次の問題に早く移らなければと思うほど発生しやすくなります。なので、中学受験においては類まれなる計算能力よりも、ほんの少しの落ち着きの方が重要です。
PAGETOP