小学校の算数との違い

中学受験では、小学校の授業で習うことより少し範囲の広い試験が出されることがあります。特に私立中学ではその傾向が強いとされています。
受験科目別でみると、特に算数の問題では、小学校では比較的基本的なことを習うのに対し、受験で出る算数の問題はそれより進んだ応用的なことが聞かれることが多くなっています。これには、子供の考える力を問いたいと考えている中学側の意向が反映されているのでしょう。
中学受験を考えているお子さんは、入試における出題の傾向を分析し、それに対応した対策を普段から行っておくことが大切になってきます。
具体的によく入試で出る算数の問題では、植木算やつるかめ算などが有名です。その他にも平面図形や立体図形の分野でも、あるパターン化された問いが出ることが多いようです。
対策の基本となるのは、ひとつには反復練習です。受験する中学の入試に出そうな演習を多く含んだ算数の問題集などをやりこみ慣れることが重要となってくるでしょう。慣れは自身につながりますので、いざ答案用紙に向かったときに慌てずじっくり解答に取り組むことができます。
小学校では習わないような算数の問題を解かされて最初は戸惑っていても、すぐに慣れてくるものです。
PAGETOP