算数が好きになる方法

中学生の中には算数問題が苦手、好まない生徒が存在します。文系は得意ではあるけれど、どうしても算数問題・計算が苦手な傾向が目立つならば、「基礎的な計算」を学習させる事をお勧めします。苦手意識や「したくない」という拒否反応には「出来ないから」という理由があります。人は「したくない」、「出来ないから」という状況が続いてしまうと、積極的にはならなくなります。

中学生の年代だと感受性も強く、成長・発育が顕著にあらわれるため、一度できると思うならば進行は早いですが、壁にぶつかると前へ進む事が難しくなります。その際は補助をしてあげる事で改善されていきます。

算数問題は出来る事から始めさせると良い方向に進みます。本当に基礎的な掛け算、割り算、展開などの計算を習慣にさせていくと、自然に数字に強くなります。更にですが、簡単な問題でも、ほぼ間違いなく正解が連続で続くと「自信がつく」心理が働きます。

算数問題が「出来ない」、算数問題を「したくない」という理由には、本人にとって難しいからとも判断は出来ます。したがって、本人にとって簡単で得意なレベルの計算問題をさせる事により、「簡単が出来る」になります。その連続は本人の自信を身につけさせるひとつの教育にもなります。
PAGETOP