重要単元「割合・速さ」の解き方

割合や速さの問題は中学受験の算数では頻出の単元です。

まず割合についてですがきちんと理解しておかないとならないのは、割合という概念です。この単元が苦手なお子さんには比べる対象など割合の概念をしっかり抑えさせてください。また、設問を読んで図に表してみるのも効果的です。問題を解かせる前に、設問通りの正しい図が描けるかどうかをチェックし、できていないようなら一緒にやり方を確認しましょう。

次に速さの問題ですが、ここで理解するべきは距離と時間と速度の関係です。この3つの物のうちの1つの情報が抜けていて、それを出すことが答えに直結します。また、設問がどのような単位で答えを要求しているかということも重要なポイントになってきます。設問に分速や時速、メートルとキロメートルなどの単位が出てきたら傍線を引かせるとよいです。

中学受験の算数で大切なのは与えられた指示にしたがって設問に見合った解答を導き出すこと。逆に言うと設問に合わない単位で答えてしまったりすれば点数はもらえません。時々、お子さんの解答をチェックしてそのようなミスをしていないかをチェックしましょう。またそのようなミスをケアレスミスで終わらせずに、しっかりと考え方を正してあげましょう。
PAGETOP