算数の偏差値の上げ方

算数の偏差値を上げるには、基礎力を上げることが何よりも重要です。
算数が苦手な子は、計算が遅い子供が多いのです。計算が遅いと、問題を解くことに時間がかかったり、ケアレスミスをしたりして、解き方が正しくとも、答えを間違ってしまいます。まずは、算数の基本として、計算問題を徹底的に勉強してください。
計算がある程度できる子供には、計算のスピードを上げる訓練をしてください。計算に強くなることで、確実に中学受験の算数の偏差値はあがっていきます。
次に、計算に対して自信が持てるようになっても、今度は文章問題に苦手意識を抱く子供に対してですが、文章問題は、文章を正確に読むことができれば自然と解けるようになってきます。そのためには、読解力が必要です。毎日、ある一定レベルの文章を読み続けていきましょう。毎日繰り返し何度も読むことによって、自然と読解力が見につくようになってきます。
算数を得意にするためには、どれだけ問題をこなしたかが関係してきます。算数のできる子供は、たくさんの問題を解いています。問題演習を多くやることによって経験値が上がり、成績をアップすることができるのです。
算数は、偏差値を上げるのに時間がかかる教科ですが、ライバルに差をつけるためにも時間をかけてしっかりと勉強してください。
PAGETOP