子どものモチベーションを上げる方法

中学受験において、算数が苦手科目になっている子どもは多くいます。なぜ苦手になってしまうのか、どうしたらモチベーションを上げ、得意科目になるのか、簡単にお話ししましょう。

まず苦手意識は、何といっても問題がわからない、解けないことに起因しています。勉強時間は確保しているはずなのに、応用になると考えてもわからない。やったはずなのに解けない。この経験の積み重ねで苦手意識が強くなっていき、算数へのモチベーションもどんどん低下します。

モチベーションを上げるためには、できる経験を増やしていくことが近道です。それには易しい、基本的な問題を多く解くことが何よりも効果的です。
「でも簡単な問題をやってもテストで難しいものに対応できないのでは?」と思われるかもしれませんが、それが間違いのもと。
算数ができるようになるには、難しい問題演習をするよりも、それぞれのテーマの根本の原理を理解することが何よりも大切と考えます。塾などでは問題演習の解説には力を入れますが、この原理についてはほとんど説明されず、効率の悪い方法をとられているのが現実です。

易しいものを解く上で根本の原理の理解をすることにより、応用することができるようになるだけでなく、できる経験を積み重ね、自分に自信もつき、算数へのモチベーションも上がっていきます。
根本の原理が理解できたらしめたものです。まずそこから始めてみてください。
PAGETOP