苦手な単元を克服する

中学受験の算数の問題は簡単ではありません。ですから試験本番で考えて解くということは出来ないと考えても良いでしょう。つまり、準備をする段階がとても大切になります。
中学受験の算数の問題を解くための訓練をする必要があります。実際には学校によって出題傾向は決まっていますから、それに対応した勉強をすれば試験本番で問題を解いていくことは可能になります。
準備を始めるのは6年生になってからでは遅いかもしれません。できれば5年生のうちからコツコツと勉強をしておくことが大切です。問題自体は基礎力を確かめるようなものが多く、毎日まじめに勉強をしている学生ならば試験で得点をすることは難しくはありません。数学とは違って直感的な問題が多いかもしれません。ですから解き方の傾向というものはある程度は決まっています。
初めて本番で問題を見るというのでは解き方がわかるまでに時間がかかります。そうなので一度でも同じような問題を見ているような状態にしておくべきです。
受験は大変だというイメージが有るかもしれませんが、しっかりと対策をすれば大変ではないのです。
受験本番で力を発揮できるように、塾に通うなどをしてしっかりと指導を受けておくことをおすすめします。
PAGETOP