物語文の読解法

中学受験の国語では問題を解くことばかりに目が行きがちですが、文章をきちんと読み解くことも大切です。
中学受験の国語の文章問題には、物語文と論説文、説明文の三つの文体があります。
物語の読解法のポイントとしては、読みながら頭の中で場面や登場人物を映像化することです。
さらに時間の変化にも注意を払い、勝手な感情移入をすることがせず淡々と事実関係を明らかにする読み方がポイントになります。
したがって普段から物語文を読む時は、そのようなポイントを意識しつつ読むようにしましょう。
次に論説文の読み方のポイントとしては、要点をおさえるような読み方をすることが大切になります。
具体例の直前・直後に線をつける「具体例サンドイッチの法則」を利用したり、筆者の意見や考えがあれば線をつける習慣をつけることがポイントになります。
文章の読み方としては、最初に何が書かれているかざっと知る程度で構いません。問題を解く段階になってから要点をつけはじめるのがよいでしょう。
最後に説明文の読み方や要点のつけ方ののポイントとしては、論説文と同じような方法で構いません。
しかし一文一文のつながり方に最新の注意を払い、結論を述べてある文に線をつけることが大切です。
このようにして中学受験の国語の文章題の対策を行うと、中学受験の国語の成績を上げることができます。
PAGETOP