説明文の読解法

国語の理解力は、中学受験には必要不可欠です。特に説明文を無駄なく読解するポイントを押さえておけば、より国語の理解力は高まります。
説明文は主張が書かれている文章が多いので、どの部分が主張なのかを考えながら読んでいく必要があります。
そこで、線引きは有効な方法です。読みながら重要な部分に線引きをする方法は、一見当たり前のように思いますが、癖をつけていくと「答えっぽい」と思う箇所がだんだんわかるようになってきます。
まずはその線引きのポイントですが、「しかし」や「だが」などの逆接の後、「つまり」「ようするに」などの換言の後、具体例、理由や原因の説明文などに注意をして線引きをします。このような文章には、筆者の主張が書かれている可能性が高いからです。また、その部分が答えとして問題が出る可能性も高くあります。
文章を読みながら、重要と思われる部分に線引きする方法は、最初は時間もかかり、線を引く箇所も多いのですが、繰り返すことで時間も短縮され、線を引く箇所も減っていきます。そうなれば、読解のコツをつかんだと言えます。
文章の全体を把握するのは、ただ読んでいるだけでは非常に困難ですが、ちょっとしたことで中学受験にも役立つ読解力が身に付きます。
PAGETOP