随筆文の読解法

中学受験において絶対に必要な力はなんでしょうか。それは「国語力」です。
「日本語だから」「他の苦手教科のほうに力をいれたいから」と後回しにしがちなこの国語ですが、問題を読み解くうえで、自分の解答をわかりやすく記述するうえで、国語力がなければ非常に厳しいものがあります。中学受験から鍛えることで、今後高校受験や大学受験で難解な文章が登場したときにも対応できる国語力を養いましょう。
まず問題を解く上で重要なのが「書き込みながらの読解」です。
一度ただ読んでしまったあとに問題文と交互に見比べていては時間をロスしてしまいます。
まずは問題文を読んでから文章を読む、または読みながら重要だと思う点に傍線を引くという、小さなプラスアルファの作業を行うことで、問題を解くまでに文章中の「要点」のピースを集め、解答というパズルを完成させるのが非常に楽になります。中学受験国語科のなかで用いられる説明文・物語文などはさほど難しい文章ではありませんが、簡単な作業ひとつで思考を整理しやすくなるのでおすすめです。
中学受験の過去問を利用しながら、まずはいくつかプラスアルファ読みに慣れるまで問題を解くといいのではないでしょうか。
PAGETOP